進化が激しい業界の中心で新しいものをキャッチアップできる、自分の力にしていける醍醐味

PR会社から、Webマーケティングの世界へ。
IT経験ゼロからのスタート

現在の仕事は、アカウントマネージャー職です。前職はPR会社の営業兼プランナーとして、テレビや新聞、雑誌などのマスメディアを中心にクライアントのパブリシティプロモートに従事していました。当時(2007年)は、まだWebを中心としたマーケティングが今のように主流ではなかったのですが、クライアントのマーケティングスタイルが大きくWebへシフトしていく時期だったこともあり、今後主流になるであろうWebを活用したマーケティング戦略を習得していきたいという想いから、ネットイヤーグループに入社しました。

前職ではマスメディアに関する業務が中心であったこともあり、ネットイヤーグループへ入社した当時、Webの知識はゼロに近い状況でした。先輩が担当する大手クライアントとの打ち合わせに参加させていただいたり、新規営業でITサービス企業にアタックをしたりしましたが、お客さまの方がITリテラシーが高く、進んだ意見を持っている。もちろん要求も高い。嬉しいというよりも、最初はすごく大変で、とにかくプレッシャーを感じる日々でした。

営業活動の幅が広がってきたことを実感。
クライアントの課題に深く踏み込む

営業活動において、まずはビジネス的な視点でクライアントの事業や業界トレンドを深く理解し、現状抱えられている課題の把握や、イメージされている解決の方向性などを明確化していきます。そのためには、クライアントとの関係性を深め、踏み込んだコミュニケーションをしていくことが重要だと感じています。しかし、入社当時は、踏み込む上での知識や経験が足りず、打ち合わせ前に色々調べても上手く話せなかったり、打ち合わせの中で出たIT関連用語の意味などが分からず、自社に帰ってから確認するなどの繰り返しでした。それでも、そういうことを重ねていくことで少しずつ自身のスキルが高まり、営業活動の幅が広がる実感が得られた時、その喜びは大きかったですね。

現在今担当させていただいているクライアントの中には、年間を通してデジタルマーケティングのプランニングや、サイトの制作、運用まで行っているケースもあるので、その時々のクライアントの課題を見つけ解決していくスタイルで日々、走り続けています。長年お付き合いしているクライアントも多く、でこれまでのコミュニケーションから細かいニュアンスまでキャッチアップ出来る点なども継続してご依頼いただけている理由のひとつかな、と思います。

その他、入社当時に自身で新規開拓をしたクライアントもあります。最初のお取引開始以後、他事業部やグループ会社をご紹介いただくなどして広がっていき、直近のマーケティング施策戦略だけでなく、中長期戦略の策定などもご支援させていただいております。

デジタルマーケティングの進化の早さ。
常に学ぶことがあるから続けられる

この業界はとにかく進化が早い。その真っただ中でネットイヤーグループにいられるのは本当にラッキーだと思いますね。
そして、進化が早いからこそ、自分の中でまだ「モノにしきれていないな」という気持ちが常にあるので、これからも新しいことをどんどんキャッチアップして、自分の力にしていきたいと思っています。私はまったくゼロからのスタートでしたが、違う所でデジタルマーケティング関連の経験を積まれ、自分なりのすごい武器を持っている人が力を試すっていうのも、ネットイヤーグループならすごく刺激的で楽しいと思います。

募集要項を見る